分かりやすい看護師の仕事について

高齢化社会を迎えた日本では看護師の募集は多いです。特に、救急関連は仕事が大変なだけに、また、ある程度の技術と知識が必要とされますので、求人は他の領域に比較してかなり高いと言えます。現在では、看護学もずいぶん進化し、看護大学や看護学の大学院も存在していますので、一昔前に比べれば、看護が医療現場に貢献する役割がかなり広がり、より重要度が増してきている事も事実です。

 

これまでは、医師の指示通りの手続きをしていればまず問題は無かったと思いますが、昨今ではより早く、より効率的に病院から入院患者を退院させるべく知識や経験が求められています。医療現場では医師が処置、投薬指示をしますが、それだけで病気や怪我が治癒するわけではありません。処置後の管理により患者の治療経過が変わってくることも知られていますので、私も含めて病院内での役割はとても重大となってきています。

 

看護師の転職については看護師専用の転職サイトもあります。私もネットが苦手でしたが情報の多さに惹かれて利用しました。一昔前では、多くの場合、地域医療を志す方が多かったのですが、今や高等知識や技術を身に付けたスーパー看護師が日本全国、仕事を求めて転職する時代になってきています。賃金体系も充実してきており、昔のようなサービス残業的な仕事もすくなってきており、仕事として確実に確立されてきています。

 

もちろん最後はその人の人なり、思いやりやホスピタリティに依存しますので、技術的にあるいは知識経験が優れているだけでは勤まる職業ではありませんが、知識、技術、経験そして優しさを兼ね備えた看護師の働き口は無限だと思います。